社会福祉援助技術

問題27

介護福祉士が活用する社会福祉援助技術に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1.社会福祉援助技術を活用するに当たっては、社会福祉士の指導の下で取り組む。
2.在宅介護の場面では、間接援助技術を中心に取り組む。
3.生活全体との関連から、利用者の問題状況をとらえる視点を重視する。
4.援助活動の場が地域に広がり、社会福祉援助技術を活用する機会は減少した。
5.介護支援専門員業務を行う場面では、社会福祉援助技術を必要としない。


答え:正解 3

1.× 介護福祉士と社会福祉士は、社会福祉援助技術を活用するに当たっては、お互いに協力していく関係にあります。
2.× 在宅介護の場面では、本人に直接働きかける直接援助技術を活用しつつ、地域や施設を通して行う間接援助技術も活用する取り組みが必要となります。
3.○ 社会福祉援助技術では、生活全体の関連から、利用者の問題状況をとらえる視点を重視する姿勢が必要といえます。
4.× 援助活動の場が地域に広がり、社会福祉援助技術を活用する機会も拡大しています。
5.× 介護支援専門員業務を行う場面では、社会福祉援助技術を活用することが求められます。

 

問題28

個別援助技術の基本概念に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1.パートレット(Bartlett,H.)は「価値」、「知識」、「介入(Intervention)」を社会福祉実践に共通する構成要素とした。
2.リッチモンド(Richmond,M.)は、Person(人)、Problem(問題)、Place(場所)、Process(過程)の4つのケースワークの構成要素とした。
3.バワーズ(Bowers,S.)は、ケースワークを心理社会療法として体系化した。
4.ホリス(Hollis,F.)は、診断主義個別援助技術の理論化をすすめ、「ケースワークの理論と実際」(1940年)を著した。
5.パールマン(Perlman,H.)はケースワークの中心概念を「個別化」、「意識的調整」、「人格の発達」とした。


答え:正解 1

1.○ パートレットは、社会福祉実践の共通基盤に不可欠な要素として価値・知識・介入を取り上げました。
2.× リッチモンドは、ケースワーク理論の母と呼ばれているが、問題解決アプローチの体系化を行い、4つのPを提唱したのはアメリカの社会福祉研究者パールマンである。
3.× ケースワークを心理社会療法として体系化したのはアメリカの社会福祉研究者ホリスです。バワーズは、ケースワークの定義で有名なカナダの社会福祉研究者です。
4.× 「ケースワークの理論と実際」を著したのはアメリカの社会福祉研究者ハミルトンです。ホリスは、アメリカの社会福祉研究者であり、「ケースワーク;心理社会療法」を著しました。
5.× ケースワークの中心概念を「個別化」「意識的調査」「人格の発達」としたのは、リッチモンドです。

 

問題29

個別援助技術の原則に基づく対応に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1.居室に行くとEさんが誰にも言わないでね。「実は時々お腹が痛むのだけど、あなたの顔を見ると痛みもなくなるわ」と言ったので、誰にも話さないようにした。
2.朝食中、パン食希望のFさんにいつものコーンスープを出すと「今日はみそ汁がよい」と言ったので、「パン食の時は、いつもこのスープでしたよ」と対応した。
3.一人暮らしのGさん宅を訪問したとき、Gさんが「死にたい」と言ったので、「そんなこと言わないでください。私も頑張るからGさんも頑張ってください」と答えた。
4.ナースコールでHさんの居室に行くと「あんたは、嫌いだから違う人を呼んで」と言ったので、「なぜですか、私のどこが嫌いなのか教えてください」と尋ねた。
5.外出前のJさんに、「どちらのカーディガンがいいですか」と尋ねながら、Jさんに決めてもらうことにした。


答え:正解 5

1.× Eさんの腹痛がどのような原因かもわからず、援助者個人の判断で情報を隠すことは不適切といえます。
2.× 常にクライアントの思いを受け止めなければなりません。可能な限り希望が叶うように心掛けます。
3.× 頭ごなしに否定するのではなく、まず、Gさんの気持ちを受け止めなければなりません。
4.× Hさんの感情に左右されないように、援助者自らの感情を統制しなければなりません。
5.○ 利用者の自己決定の原則に従い、Jさんに決定してもらうことが適切といえます。

 

問題30

集団援助技術の視点に立ったグループ活動の支援過程に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

1.サブグループの存在は認めるべきではない。
2.グループワークでは、メンバーを個別化して支援する。
3.メンバー間で傷つけ合うような状況が見られても、メンバーの行動に制限を加えない。
4.参加動機が明確でない利用者は、グループのメンバーになることができない。
5.グループの活動内容は、援助者が決定すればよい。


答え:正解 2

1.× サブグループとは、一つの集団の中にできた小集団ですが、グループ活動の支援過程においては、その存在を一概に否定するのはなく、その存在の活用を検討すべきといえます。
2.○ グループワークでは、メンバーを個別化やグループの個別化を尊重する支援が必要となります。
3.× メンバー間で傷つけ合うような状況が見られた場合には、状況によって制限を加えることも必要となります。
4.× 参加動機が明確でない利用者であっても、グループに属してから動機付けが出来ることもあるので初めから参加を拒否することは適切ではありません。
5.× グループの活動内容は、援助者が決定するのではなく、グループのメンバーが決定することが望ましいです。

 

問題31

社会福祉援助技術の関連援助技術に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1.ネットワークは、保健・医療を除く社会福祉分野のサービスを組織化することをいう。
2.ケアマネジメントは、利用者の生活ニーズと適切な社会資源を結ぶことをいう。
3.スーパービジョンは、他領域の専門家から助言や示唆を受けることをいう。
4.カウンセリングは、非言語的コミュニケーションを必要としない。
5.コンサルテーションは、業務について上司から指導、援助を受けることをいう。


答え:正解 2

1.× ネットワークは、保健・医療分野が不可欠です。
2.○ ケアマネジメントは、利用者の生活ニーズと適切な社会資源を結ぶことをいいます。
3.× スーパービジョンとは、指導するスーパーバイザーと指導を受けるスーパーバイジーとの関係において、必要な援助を受けることです。多領域の専門家から助言や示唆を受けることは、スーパービジョンではなくコンサルテーションです。
4.× カウンセリングにおいては、言語的コミュニケーションはもちろん非言語的コミュニケーションも用いて、援助者と接触することが必要です。
5.× コンサルテーションとは、業務について、上司からではなく多領域の専門家から助言や示唆を受けることです。

 

(社会福祉援助技術・事例問題)

クラブ活動に関する次の事例を読んで、問題32から問題34までについて答えなさい。

[事 例]
介護老人福祉施設U苑のK介護福祉士は、手芸クラブに参加するいつものメンバー(女性6名)に声をかけ、昨年知事賞を受賞した作品展への出展に向け活動を始めた。欠席するメンバーもなく取り組みは積極的であった。ところが活動半ばころから個々のメンバーに対する不平不満の声が聞こえてきた。丁寧な作用ぶりだがペースの遅いLさんへの批判にK介護福祉士は戸惑い、対応できずにいた。不満は解消されなかったが何とか一緒に作業を続けてきた。
出展時期が迫ってきたころ、メンバーの不満の矛先が最も熱心に参加し強引なリーダーシップを取るMさんに向けられてきた。Mさんの威圧的口調は気になったが、作品の完成には欠かせない存在なので、この場面でもメンバーの不満に対処できずにいた。
出展作品の完成後、クラブ活動は休止したままになっている。

 

問題32

手芸クラブを準備し活動を開始する段階でK介護福祉士が配慮すべき事項に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1.グループ活動の計画は、K介護福祉士が中心となって作成する。
2.「波長あわせ」では、利用者にどのような活動を提供できるかを、施設・機関の責任者に伝えなければならない。
3.手芸クラブに参加しているいつものメンバー以外には、参加を呼びかけない。
4.去年も行ったグループ活動であり、今回は施設の承認は得なくてもよい。
5.活動の目的は、作品を作り上げることだけではなく、どのようなプロセスで作っていくかにある。


答え:正解 5

1.× グループ活動の計画は、あくまでもメンバー自ら中心となって行うものであって、K介護福祉士はそのサポートに徹しなければなりません。
2.× 「波長あわせ」とは、援助者がメンバーの生活状況、感情、ニーズ等について理解し、どのような活動を提供できるかを把握するためのものです。これらの施設や機関の責任者に伝えなければならないものではありません。
3.× メンバー以外にも興味を抱いている場合もあり、手芸クラブのメンバー以外にも参加を呼び掛けることは大切といえます。
4.× 去年行った活動であればこそ、施設の承認を得るとともに、さらなる協力体制を整えておくことがよい効果をもたらすと考えられます。
5.○ 活動の目的は、作品を作り上げたという結果だけではなく、どのようなプロセスで作っていくかにあります。

 

問題33

手芸クラブの活動中におけるK介護福祉士の介入のあり方に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1.各メンバーの感情を共感的に受け止める。
2.Lさんを呼んで、他のメンバーの不満を伝え、態度を改めるよう求める。
3.出展時期が迫っている段階なので、Mさんの行動は見守る。
4.Mさん以外にリーダー役が作れない場合、手芸クラブを中止する。
5.活動が継続中なので、介入は行わない。


答え:正解 1

1.○ 集団援助技術(グループワーク)では、援助者はメンバー一人ひとりの感情を共感的に受け止めなければなりません。
2.× メンバー個々に能力の差があるのは当然のことです。Lさんに他のメンバーの不満を伝えて早いペースでやるように求めることは、個々の能力の差を認めるという個別性の原則に反するといえます。
3.× 手芸クラブの活動の目的は、出展することではありません。援助者は、グループ全体の動向を見守りつつ、必要に応じて介入しなければなりません。
4.× 手芸クラブの活動を中止するかどうかの判断は援助者が判断することではありません。リーダー役が作れなくても活動そのものを中止する必要はありません。
5.× 活動が継続中であっても、援助者は必要に応じて介入を行うことが必要といえます。

 

問題34

手芸クラブ活動の休止中に、K介護福祉士が配慮すべき事項に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1.休止中なので、活動を評価する必要はない。
2.活動の再開に向け今後の方針について、Mさんの意見を尊重する。
3.今後の活動について、メンバーが話し合える場を用意する。
4.活動が終結したと判断し、グループを解散させる。
5.今後のグループ活動については、生活相談員(社会福祉士)に引き継ぐ。


答え:正解 3

1.× 手芸クラブ活動が休止中であっても、活動についての評価は行わなければなりません。
2.× Mさんだけの意見ではなく、他のメンバーの意見も尊重しなければなりません。
3.○ 手芸クラブの今度の活動について、メンバーが話し合える場を用意しなければなりません。
4.× 援助者が各メンバーの意向も確認しないまま、グループ活動を解散させてはなりません。
5.× 今後のグループ活動については、上司や他職種に相談をして、対策を検討しなければなりませんが、活動が休止しているからといって生活相談員(社会福祉士)に引き継ぐのは適切ではありません。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ